prayer

子どもの生きる力を育むために

はじめまして

はじめまして、伊藤寛美です。私は1970年代高度成長期真っ只中、福岡県粕屋郡という小さな町で生まれ育ちました。町立の小中学校と通ったのち栄養士めざし中村学園短期大学食物栄養科に進みました。30年前になりますが。

短大の2年生の時に実習がありました。必修先は病院と公立保育園で、そのほか自主実習へもいくことができ、当時としては珍しい無農薬玄米・有機野菜・無添加調味料を使った給食を基本にされている保育園があり、興味を持ち実習に行くことにしました。
しかもその保育園は福岡県で初めての認可夜間保育園でした。

実習期間はたしか、2週間だったと思います。昼の保育園と夜間の保育園が併設されているので、夕食ももちろんありますから実習のときには夜の片付けもさせてもらいました。
なにしろ、一日中とてもアットホームな印象だったことを覚えています。
そして幸運なことに、そこで20年勤めることになります。

夜間保育園を

夜間保育園を始められたころは、毎日お誕生会のような食事を用意してらっしゃったそうです。しかし、ある時期から、職員全員で食の勉強を始められます。

熊本の菊池養生園 竹熊宣孝先生や、北九州の養玄 高畑康子先生、田川郡赤村のカフェクリキンディ(ウィンドファーム  http://www.organic-coffee.jp/ )への研修。 園内研修会では菌ちゃん先生こと吉田俊道先生の講演、保育園の本箱には東条百合子先生の”自然療法”が並んでいました。
高度成長期の真っただ中の、スーパーに並んでいる食べ物の現状が大量生産のための農薬漬けの野菜、酸性雨で変色する露地野菜、添加物食品が当たり前だった30年前、この保育園で食材は選ばないといけないということや食べることの大事さを教えてもらいます。

園内の勉強会では、子どもを育てるいろんな先生のお話を勉強させてもらいました。
本の販売に来られていた編集者のかたには 絵本がこどもに大きな影響をもたらすということを、生まれてきた環境が子どもを育てることをモンテッソーリ教育の指導者のジュディ・オライオン先生の話で教えてもらいました。

朝早くから来る子どもたちと夜眠るまでの子どもたちの日常は、お仕事の時間・食事の時間・眠る時間・外で走ったり飛んだり遊ぶ時間・部屋の中で絵をかいたり絵本を読む時間…とゆるやかに保育園の中に流れていました。
 

子どもたちは農家の方に教えてもらいながら発酵食品づくりを経験しており、梅干しはひとりづつ瓶につけていました。梅林で自分が漬ける梅をちぎり、瓶に一粒一粒優しくそ~っと入れているときの目は、これからこの梅がどうなっていくのかという期待にあふれていました。
その梅が食べられるようになって、家族に食べてもらったときの満足感は大きなものだったことが想像できます。

どんなところに

どんなところに住むか、 どんな言葉遣いをするか、どんな食べ物を選ぶか、どんな家具を選ぶか、どんな絵本を選ぶか…現代は選択肢がたくさんあります。そのなかでまず、子どもに最低限の環境を選んであげられるのは大人です。生まれてきた子どもはその場所で生きていくために、持って生まれた力で、生きる力をつけていきます。

ここでは選択肢のひとつとして、良質の絵本や環境のことを伝えていきたいと思っています。

2012年6月 八女福島にて「えほん屋・ありが10匹。」オープン


自宅の軒先小さな本屋でしたが、良質の絵本に足を止める方々がたくさんいらっしゃいました。

えほん屋・ありが10匹。の場所は、重要伝統的建造物が残された町並み。八百屋さん魚屋さん、肉屋さん、金物屋さんが今なお、町の生活を支えてくれています。

福岡市南区にある「子どもの本や」さんへ、ご相談にはじめて伺ったとき読み聞かせをしていただいた本です。心の扉が開いていくのを感じました。

お客様にお時間があれば随時、絵本をお読みします。

八女福島では春の「ぼんぼりまつり」秋の「灯籠人形まつり」などいろんなお祭りが開かれます。

出張販売先

柳川市 御花 OHANAマルシェ

八女市上陽おくぼ 月のまつり

大川市 ニコパンこどもまつり

三重県桑名市 グリーンファームいちごマルシェ

いろんな場所のお客様にお届けしてきました。

旧八女郡役所 内 kitorasuに移転 

 
2016 築およそ130年の建物・旧八女郡役所 内 kitorasuに移転

2017 えほん屋・ありが10匹。-books&coffee-に店名変更 地元食材を使ったカフェを始める

2018 年に一度の”michikusaの会”を始める 

”michikusaの会”
2018 第一回ゲスト 博多どろんこ保育園理事長・天久薫さん 
2019 第二回ゲスト 福岡市南区 子どもの本や店主・井上良子さん
2020 第三回ゲスト 原鈴江さん AMI(国際モンテッソーリ協会資格取得者)


その他、「製本の会」「英語でおしゃべり、の会」開催

2021 ありがと書店に店名変更

拠点を持たない、場所・時間ともに不定期営業の本屋になる。
その実態は、"子どもが生きる力を育むためには…" というテーマをさらに掘り下げて、
『本屋 + 保育園』のような場所開設に向けて、えっちらおっちら準備中。

ありがと書店 facebookページ

ありがと書店(倉庫・事務所)

Google Maps のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Google Maps の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Google Maps のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます.

コンテンツを見る

所在地(倉庫・事務所)

福岡県八女市本町235番地5 西棟

Japan

プライバシーポリシーを読み同意します。